大学・研究機関の方へ(医療分野)

ホーム > 事業紹介 > 大学・研究機関の方へ(医療分野)

大学・研究機関の方へ

高性能かつリーゾナブルなBF機器で多分野の発展を支援

バイオフィードバックの研究は、様々な分野においてこれまでにも劇的な成果を残してきました。
医療分野では高血圧、不整脈、片頭痛、てんかん、自律神経失調症、発達障害などの治療や予防に用いられており、健康増進面でも有用であることが 判明しています。
また、スポーツ選手等のメンタルトレーニングでも一般的になりつつあります。
リハビリテーション分野では、脳血管障害後の回復や失禁予防にも有用であることが証明され、高齢化社会を目の前にして福祉面でも大きな期待が寄せられています。

ジェイワンプロダクツがご提供するバイオフィードバック製品は、1台でEMG(筋電図)・EKG(心電図)・BVP(容積脈波)・AC(皮膚電気抵抗スキン・コンダクタンス)・呼吸・皮膚温度・EEG(脳波)・plR HEG(脳血流)をモニターできる画期的なものです。

人間の脳という領域にはまだまだ未解の部分が多く、いいかえればさらなる可能性を秘めている研究です。ますますニーズの高まるこれらの研究をより発展させるために、私たちは高性能でリーゾナブルな製品をご提供することでお役にたてるよう努めております。

 

ニーズと予算に合わせてパッケージのカスタマイズが可能

voltages

thoughttech社製品は、ハードとソフトの組合せによって同時計測可能なマルチモダリティは2ch~10chまでと、豊富なラインナップが用意されています。ソフトやハードの種類を変えることで、無駄なくニーズに合ったパッケージにすることが可能です。

また、ハードウェア及びソフトフェアには、それぞれ生体信号処理、表示、分析のさまざまなテンプレートが標準でインストールされており、こちらも自由にカスタマイズすることが可能です。
 

開発者用のデベロッパー・ツール

develop

デベロッパー・ツールは、標準では設定されていない機能を追加できるツールです。
機能拡張で利用することもできれば、モニター表示やトレーニング画面ソフトの構築など、記録された生データを利用して、一から独自仕様にカスタマイズすることも可能です。

デベロッパー・ツールは「チャネルエディター」・「画面エディタ」・「スクリプト・エディタ」の3つから構成されており、さらにカスタマイズを行なう場合は、オプションツールの「ソフトウェア・デベロッパー・キット」を利用することでフラッシュ・アニメーション表示なども実現可能です。


ページトップ