製品特長

eVu-TPSシステム

持ち運びできる臨床トレーニングツール

TPSは、精神生理学的指標の測定とリアルタイムフィードバックを同時に提供します。
クライアントはTPSを自宅や勤務先で使うことができるので医療従事者にとって理想的なツールです。
クライアントは診療所で教わった自主制御スキルを、場所や時間を問わず必要な場合に実践できます。
 
センサーはクライアントへの貸し出しや購入指定が可能です。
 
eVu SenzはTPSの初のコンパニオンアプリとして、スマートフォンやタブレットから受け取る生体信号データの表示と解釈を行います。
 
アプリはGoogle Playストアから無料ダウンロードが可能で、全Androidユーザーにご利用いただけます。
これはTPSと使用するために設計された初のアプリです。


eVu Senzアプリ

eVu TPSの構成品

ユニットは以下の通り、黒とオレンジ色の箱(21 x 11 x 9 cm)に入り、筒状カバーに覆われています。
包装は外観からユニットの開梱まで、見た目に美しくエレガント。シンプルを追求した包装となっています。

ユニット同梱品

  • 1 × eVu-TPSボックス(下記写真にはありません)
  • 1 × eVu-TPSセンサー – SA4500
  • 3 × 布製ストラップ(赤、青、黒) – SA4505
  • 1 × TPSセンサー保護材、持ち運び用ケース – MI1134
  • 1 × 充電器– SA45XX
  • 1 × TPSユーザーガイド

Vu-TPSハードウェアの特長

  • 高精度な医療用ワイヤレスセンサー。
  • 軽量、保護ケース付きで保管と持ち運びが簡単。
  • 布製ストラップで指への装着が簡単。
  • 安定かつ信頼性の高い、皮膚コンダクタンス(uS)、皮膚温(摂氏または華氏)、心拍変異度(光電式容積脈波記録を利用)の測定。
  • 偽動作を検知する加速度センサー搭載。
  • 内蔵充電式電池の稼働時間は、完全充電時から4~5時間。

 

 

 

 

 

 

Vu Senzアプリの特長

  • 簡単設計で、精神生理学的の知識がなくても取扱いが簡単。
  • 呼吸計と点数化システムで、リラックス、集中、回復状態を正確に測定。
  • 心拍変異度、皮膚コンダクタンス、皮膚温のトップ画面を自由に切り替え。
  • 3段階のフィードバック:グラフィック、音楽、点数。
  • 被験者は呼吸計を利用してリラックスします。あるいは、医療従事者が教える他の運動を行います。
  • 呼吸計は使用者の呼吸のリズムに合わせて変更可能。
  • リアルタイム偽信号検知を内蔵。トレーニング中の偽動作データを削減します。
  • トレーニングデータはパスワードで保護され、各クライアントプロフィールと共に保存します。すべての保存データが閲覧可能。
  • トレーニングは10個のプログラムに分かれており、プログラム全体の点数目標は難易度に基づいて設定。
  • PDF報告書をシステムから医師へ電子メールにより送信可能。クライアントの結果と指示順守を追跡することができます。
  • アプリはGoogle Playストアから無料ダウンロードが可能で、全Androidユーザーにご利用いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

eVu SenzアプリはeVu TPSセンサーと共に使用できる初のコンパニオンアプリです。
ソート テクノロジーは現在他の補完アプリを開発中です。

製品仕様

重量(eVu TPSのみ) 20 g
重量(箱を含むユニット全体) 230 g
寸法(eVu TPSのみ) 5 x 3 x 2 cm
寸法(TPSボックス) 21 x 11 x 9 cm
リチウムイオンポリマー
二次電池
公称電圧
3.7V
皮膚コンダクタンス
測定範囲
0~30 uS
温度測定範囲 10°C~40°C
加速度センサー(軸の数) 3 (X、Y、Z)
ワイヤレス通信 Bluetoothクラシック

関連製品