BF関連

ホーム >  最新のセミナー情報一覧 > BF関連 > 疼痛医療専門家向 キーシュ博士セミナー開催

2012.10.10疼痛医療専門家向 キーシュ博士セミナー開催

来る10月19日、一般社団法人 次世代リハビリテーション研究所 主催で米国ストレス研究所・所長のダニエル・キーシュ博士をお迎えし、甲南女子大学で専門家向けセミナーを行います。
 
主題:『CES療法の理論とエベデンス~最新の疼痛治療戦略』(治療デモンストレーション実施)
 
内容:CESの歴史と基礎理論
    疼痛の治療機序とエビデンス
    アルファスティムによるCESの実際
 
キーシュ博士はCES療法(頭蓋電気刺激)のエキスパートで不眠症、うつ、不安症、慢性疼痛、パーキンソン病、線維筋痛症等で多くの有効性を実証する論文やメタ・アナリシス論文を発表されています。
 
このCES療法には簡易な微電流低周波機が使われ、今年中に日本でも家庭治療器として認証され、来年1月より一般の方でも入手可能となります。 是非この機会に不眠症やうつ等で悩まれている方にこの新しい治療法をお知らせしたいと思います。
 
日時・場所等は下記のPDFをご覧ください。

カテゴリー一覧へ戻る 最新のセミナー情報一覧へ戻る