製品情報

ホーム >  最新のトピックス一覧 > 製品情報 > ソート テクノロジーが自己制御用モバイル機器を発売

2016.12.15ソート テクノロジーが自己制御用モバイル機器を発売

Thought Technology, Ltd.(ソート テクノロジー)は、eVu TPS®モバイル医療機器の発売を発表いたします。

本製品を使用すれば、医療従事者は生体自己制御トレーニングの場を診療所だけでなく、クライアントの自宅へと拡げ、院内トレーニングの治療効果を高めることができます。
 
eVu TPS®センサーは革新的医療ツールであり、使用者の生体測定データをAndroidスマートフォンやタブレットのeVu®  Senzコンパニオンアプリに送信します。
小型で持ち運び可能なので、自宅や勤務先でトレーニングを行うために貸し出したり指定したりできます。
操作は簡単。センサーを使用者の指に乗せ、付属の布製ストラップで留めるだけです。
アプリがストレス、集中、リラックス、回復に対する正確なフィードバックを即時に提供します。
 
ソート テクノロジー役員ローレンス・クラインは以下のように述べています。
「本ツールの目的は、全てのクライアントが日常ストレスに対処できるようにすることです。試験前の不安の緩和、スポーツ競技で精神状態の調整などに使用します。eVu TPS®は使いやすく、5分もあれば自宅で自己制御ができます。」
 
デザインはシンプルでエレガントですが、外観にだまされてはいけません。
「TPSセンサーは堅牢な医療機器であり、精神生理学的ストレスに関する3つのモダリティ(心拍変異度、皮膚コンダクタンス、皮膚温)を正確に監視します。」
 
「3つの異なる生理信号を1つのトレーニング機器に統合させる機器を私は初めて見ました。優れたフィードバックにより、専門家でない人でも簡単に使用できます。今後、学生や患者と使用することを非常に楽しみにしています。」と、セイブルック大学カレッジ・オブ・インテグレーティブ・メディスン・アンド・ヘルス・サイエンス学長のドナルド・モス博士は述べます。
 
呼吸がもたらすストレス解消、身体の落ち着き、精神集中、リラックス、回復については、eVu Senzアプリを使えばはっきりと確認できます。
使用者にとって呼吸計の手引きとなるだけでなく、呼吸運動に対する身体反応を点数化することで、使用者や医師が経過を追跡することができます。
 
「私の知る限り、正確さ、監視モダリティ数のいずれの点において、この製品は比類のないものです。医師やパフォーマンス向上コーチが多くの目標を達成していく可能性に期待しています。」と、心理学者でトルーマン州立大学心理学部教授及び前学部長のフレッド・シェーファー博士は述べています。
 
ソート テクノロジーは生体自己制御及び精神生理学的機器の製造における世界的リーダーであり、世界で75万台以上の機器を販売実績があります。
同社は、1974年設立、カナダのモントリオールに本部を置き、世界中に強固な販売店ネットワークを構築しています。
 
製品についてのお問い合わせ先は、ジェイ・ワン・プロダクツ株式会社(TEL:06-6397-0773)まで。
  • メールでのお問い合わせ先はコチラ
  • 製品についての詳しい説明はコチラ

カテゴリー一覧へ戻る 最新のトピックス一覧へ戻る